LOOKLOOKLOOKのブログ

医療ミス、人権侵害、脅し嫌がらせ何でもありの大分大学

大分大学の公表したコロナについては疑問がかなり残ります、これが大分大学 翔んで大分県

今回も私のブログにアクセスありがとうございます、読み終わりましたら必ず拡散をお願いします。

大分大学がコロナを隠していた件ですが北野正剛学長の命令でこれを大分大学は隠していたようです。この事を公表出来たのは大分大学を愛する関係者様が大分大学学生らや受験生らにコロナが感染したらいけないと思い私に情報提供して頂きました。北野正剛学長や津村弘副学長整形外科教授らには大分大学への愛が全く感じられません。

北野正剛(消化器外科医)学長や津村弘(整形外科医)副学長整形外科教授は医師であり学長、副学長なのに大分大学でコロナが感染した事を隠していました。大分大学がホームペー上にコロナの件を発表した朝ににマスコミから問い合わせが殺到して公表をしたようです。何故、マスコミが知っていたのでしょうか?公表した内容も経済学部の学生はリモートで授業を行っている、大学に登校していないと記していますがやましい事が無ければ逐一公表をすれば良かった思います。大分大学が正直に公表するとは思えません。不祥事や公表出来ない事は何でも隠します、弁護士らに不正な事をさせてでも何でも隠します、それで弁護士らは弁護士会懲戒請求されています。これが大分大学の顧問弁護士とワンポイント弁護士です。普通、弁護士がしている事は一般人には立証する事は難しく弁護士会懲戒請求出来ませんが大分大学大分銀行の顧問弁護士や大分大学のワンポイント弁護士がする事はすぐに分かりました。これが大分大学大分銀行の弁護士レベルだと思います。

北野正剛学長も津村弘副学長整形外科教授も医師資格を持つ医師です、医師なら感染症新型コロナウイルスの事はどこの誰よりも熟知しているはずです。感染者が大学に本当に登校していなくてもコロナ感染を隠してばれた時に世間から疑われる事を知らないのでしょうか?医者の世間知らずでしらないのでしょうか?大分大学が公表しなかったので絶対に何かあると思います。そもそも大分大学が正直に公表するはずがありません、今まで私がされた事を垣間見ると分かります。

大分大学新型コロナウイルスにかかった学生さんたちにお願いがあります、大分大学から何と言われて療養をしましたか?何と口止めをされましたか?感染が分かる前に登校をしていないか?教えて下さい。個人情報等は絶対に公表しません、私は津村弘副学長整形外科教授みたいに個人情報を漏らして遊びません。

今回、コロナを公表しなかったのは学長命令で閑古令がしかれていたと聞きます、やましい事が無ければ大分大学全体に閑古令を敷く事はないと想います。それに私が聞いているコロナに感染した学生の数は公表された人数よりはるかに上です。人数も誤魔化していると思います。

私が思うのに1月、2月には入学共通テストや推薦試験、一般入試等があります、これらがあるので北野正剛学長はコロナを隠していたのではないかと思います、学生らがコロナに感染していた事を隠していたのでそのように疑われても仕方がないと思います。万一、登校した学生がコロナ感染者でも学内を徹底的に消毒等するか、違う場所でテストをする事が出来たと想います、2月の一般入試も出来ると思います。また大分の企業が奈良大学と共同で完成させた紫外線を平行に飛ばしてコロナウイルスを死滅させる装置を完成させたようです。(ニュースで観ました)(大分県内の企業は絶対に大分大学と共同で商品開発をしません。)これが大分大学の現状です。この装置を購入して試験の対策をする事が出来ると思います。仕事をしない弁護士らに高額な弁護士費用を払うのであればこのような装置を購入して大分大学学生及び受験者を守る対策を大分大学学長、大分大学危機対策本部長として考えるべきだと思います。大分大学の顧問弁護士料は安いとは思いますが年間1000万円以上は払っていると思います。顧問弁護士やワンポイント弁護士に法律違反的行為をさせる費用があれば有意義にこれらに使うべきだと思います。これこそが大分大学への愛だと思います。河野浩顧問弁護士がこの状況なので大分銀行の不祥事も公表されるのです。現在、大分銀行から融資を受け支払いが遅れて督促を受けている方、支払いが遅れて裁判をされている方がいましたら大分銀行中島支店で融資を受けていた衆議院自民党議員が支払いを1年以上遅れても何も催促をしないのは忖度ですか?大分大学みたいに差別する公的機関ですか?大分銀行は国会議員と一般預金者を差別するのですか?と大分銀行頭取にクレームすればいいと思います。これらも河野浩顧問弁護士がくだらない事を大分大学でしたから大分銀行にも飛び火したのです。大分銀行金融庁からクレームがあると思います。

大分大学がホームページ上に発表した最後の文面には「感染者やそのご家族の特定、差別の助長等につながらないようにご理解とご配慮をお願い致します」と記しています。私は北野正剛学長の大分大学から人権侵害され脅され嫌がらせをされ大分大学を出入り禁止にされ、大分大学から紹介された病院には治療をするなと圧力を掛けられました。大分大学大分大学が追及されるとこのような配慮なる優しい言葉を使います。差別する北野正剛学長の大分大学が差別しないようにとは都合が良いように思います。私は北野正剛学長の大分大学とは違いコロナに感染した学生等は差別をしません。学生さんも好きでコロナに感染したわけではないと思います。北野正剛学長は「コロナに感染した学生たちを差別したのでコロナに感染した事を隠した」のではないかと思います。でなければ北野正剛学長が陣頭指揮をして閑古令を敷くはずがありません。北野正剛学長はコロナより大学の行事を優先したと思います。学生や受験者の命を危険にさらしたと思います。

私は大分大学に勤務しているわけでもないのに何故、私には大分大学の医療ミスや不祥事情報等が沢山入って来るのでしょうか?

コロナに感染した大分大学学生さんたちにもう一度お願いです、コロナ感染をして大分大学からどのような事を言われましたか?口止めされましたか?感染が判明する前、感染が判明してから大分大学に登校していませんか?大分大学がコロナを隠していた本当の事を知る為に是非教えて下さい。

 

菅首相が言っていました、金が無いなら生活保護を受けろと、しかし大分では医療費免除や生活保護大分大学に行くと医療費を免除されている奴を治療するのは医療費の無駄と画像診断出来ないやぶ医者(現・大分医療センター整形外科部長)に言われます。このやぶ医者は津村弘副学長整形外科教授の部下です。これを文科省にクレームすると大分県警OBの附属病院受付に脅され嫌がらせを受けます。その上、河野浩顧問弁護士が個人情報を津村弘副学長整形外科教授に漏らしてそれを聞いた津村弘が附属病院中に言い回ります。それをされたので大分大学の事を色々調べて医療ミスや不祥事をブログに公表をすれば河野浩顧問弁護士は何もせず、何かをすれば示談書の内容を無視した事や個人情報保護法違反した事がバレルので出来ない。私が大分県弁護士会人権擁護委員会に救済の申し立てをすれば北野正剛学長は大分県弁護士会人権擁護委員をしている倉橋芳英ワンポイント弁護士(大分みんなの法律事務所、慶応大学卒)を雇い私が人権擁護委員会に救済を申し立てた案件を妨害した。(悲しい事に大分県弁護士会人権擁護委員会は機能していないことになります。)大分大学の医療ミスや不祥事を書いたブログを削除する為に倉橋芳英弁護士(大分みんなの法律事務所、慶応大学卒)に虚偽を用いて削除をさせた。河野浩大分大学顧問弁護士と倉橋芳英ワンポイント弁護士(大分みんなの法律事務所、慶応大学卒)両者を大分県弁護士会懲戒請求しています。このような事から考えると北野正剛学長の大分大学がいかに国立大学から逸脱した事をしているか?分かると思います。本当に国立大学学長ですか?これらの事とコロナ感染の事を考えると北野正剛学長の考えが分かると思います。大分県にある私立大学で学生がコロナに感染をした際は発表しましたが大分にある国立大学は発表をせず隠していました。

北野正剛学長は私が書いたブログ、読者の多かった「楽天ブログ」「アメバブログ」「ビッグローブブログの大半」等を削除されて読者が減っていましたが、北野正剛学長がコロナを隠して公表(こうひょう)しなかったので今回は私のブログが好評(こうひょう)になりました。北野正剛学長にタリオするしかありません。人の話を止めるのは川をせき止めるより難しい事を北野正剛大分大学学長は分かっていないようです。それで色々隠すから私の耳に届きます。大分大学学長なのだから命をかけて大分大学を守り、愛するべきではないでしょうか?

北野正剛学長が日本医療開発機構から引っ張った30億円の研究費について情報を提供お願いします。お待ちしています。

情報源等は必ず守ります、私は北野正剛学長から名誉棄損で告発され逮捕された際も情報源は1つも警察や検察には話していません。大分大学の上層部とは違い口が堅いのが私です。

これが大分大学 翔んで大分県です。